2016年10月

ここでは、2016年10月 に関する情報を紹介しています。
ご覧頂き有難うございます。
井川メガネの佐尾山でございます。

ここ最近ずっとトラッドでクラシカルなモデルが続いておりましたので
趣向を変えて近未来的な最新技術の粋を集めたアイウエアをご紹介させて頂きます。

文章短くしようとしたんですけど長い。
申し訳ありません。


spec espace(スペックエスパス):http://www.optduo.co.jp/

から展示会でオーダーしたモデルが一本だけ先に届いたのでご紹介させて頂きます。

毎回バージョンアップを繰り返し機能とデザインをより今に合うように向上させています。

IMG_1244 (640x480)
ES-6094-28 \38.000+tax


デザイン、色味共に今までのモデルの中で圧倒的に好みです。
ブランド様のホームページから引用させて頂きますと

0.8mmのβチタンのフレームの周囲を「マシニング加工」により薄くそぎ落とし、
多面的なカットを施しています。
IMG_1246 (640x480)

技術的にもメチャクチャに難しいと思います。
しかし顔に乗せた時、確実にエッセンスとして効いてきます。

ネジや溶接を一切使用していないユニークな眼鏡です。
掛けてしまうと他のブランドに浮気できない軽さ、掛け心地も抜群です。

IMG_1248 (640x480)


安価なステンレスで作られた類似品を見かけますが、
spec espaceのそれは素材がβチタンである事、これが要だと思っています。

なぜなら形状記憶性が高く型崩れしにくいので最初の掛け心地を維持し続け様とします。
ステンレスだとこのようなヒンジレスモデルは型崩れが起きればそれまでの様な気がします。

耳にかかる部分の素材もラバロンと呼ばれる医療用素材です(汗や薬品等にも案外強いです)。
地味に鼻パットも変えてきてるし、まだまだ伝えたい事ありますけど長くなるのでこの辺で。

IMG_1250 (640x480)


良かったら是非。


お問合せはこちらから:http://ikawamegane.main.jp

HILANDERSは変に日本語の歌詞で曲作るより最初の勢いのままがやっぱ格好良いですよね?






ご覧頂き有難うございます。
井川メガネの佐尾山でございます。

BOSTON CLUB(ボストンクラブ)
http://www.bostonclub.co.jp/index.php

からの入荷です。
別ラインのBCPCからも同時に入荷が御座いましたのでまとめて紹介させて頂きます。

IMG_1229 (640x480)
RAYMOND col.S03 size50 spec Demi \31.000+tax

ブランド様に無理を言って最初からカラーレンズでオーダーしました。
もちろんクリアレンズで眼鏡としても掛けて頂けます。

3mmのリムが重厚さ、チタンを用いる事で重さの軽減に一役買っています。
IMG_1232 (640x480)

カラーを変えて
IMG_1235 (640x480)
RAYMOND col.S04 size50 spec Blue \31.000+tax

深い透明感のあるブルーです。最近はブラックよりブルーをお勧めしています。
もちろんレンズカラーも自由にチェンジすることが出来ますよ。

ブローと呼ばれるこの形、スタイルを選ばず合わせやすいのでお勧めです。

IMG_1238 (640x480)
JAMES col.S02 size47 spec Gold \27.000+tax

上でご紹介したRAYMONDよりクラッシック感がより強いモデルです。
樽型のレンズ止めや、ワンチと呼ばれる、お椀型の丁番。
それを全てチタンで再現しています。

ブリッジ部分が通常より高い位置にあるのがポイントです。

次はBCPCです。

IMG_1239 (640x480)
BP-3215 col.02 size48 spec Demi \27.000+tax

丸みのあるレンズシェイプやメタルテンプルなど、流行ははしっかり押さえながら、
やり過ぎ感のない好印象なフレームです。

IMG_1242 (640x480)
BP-3215 col.05 size48 spec Kihaku \27.000+tax

こちらはカラー違い、キハクと呼ばれる少し黄色がかったカラーとなります。
女性が掛けた時に甘くなり過ぎないバランスが絶妙です。

どちらもメタルパーツまでしっかりカシメてあり、丁寧な彫金、
素材がセルロイドですので当然ハンドメイドとなります。


今までブログでご紹介した、そしてこれからご紹介させて頂く全てのフレームは
日本製のハンドメイドです。

クラシカルなフレームを現代の技術で蘇らせています。
良かったら是非。


お問合せはこちらから:http://ikawamegane. main.jp


バークリー音楽大学出身のアメリカ系韓国人のcharm(ex.hemenway)さんのバンドです。
日本でhemenwayをやってた時より今の方が個人的には好きかもです。

ご覧頂き有難うございます。
井川メガネの佐尾山でございます。

10/23(日)はお休みとさせて頂きます。
宜しくお願いいたします。

現行の日本のアイウェアブランド中、最も音楽や映画のカルチャーに強い匂いがするアトリエサンク。
そこからseacret remedyの入荷がありましたのでご紹介させて頂こうと思います。

IMG_1201 (640x480)
S-021 Yolande size47 col.04 \31.000+tax

オクタゴンシェイプ(八角形)です。

レンズシェイプは正八角形でなく鼻側りは角度を落とした微妙なカーブ、耳側は微妙に少し角を立たせたラインを描いてます。
掛けた時に悪目立ちしない配慮が感じられます。

デザイナーさん(小向さん)のこだわりがつまったキレイな線…巧いです。

マットなカラーを3色(上部グレーです、グリーン、イエロー)、うるさくならない様に配分と比率も考えられてます。
IMG_1204 (640x480)

次は

IMG_1205 (640x480)
S-020 Hanna size47 col.04 \29.000+tax(フロント上部 ベッコウカラー、フロント下部 ピンク)

IMG_1208 (640x480)



IMG_1209 (640x480)
S-020 Hanna size47 col.05 \29.000+tax(フロント上部 ベッコウカラー、フロント下部 グリーン)

IMG_1211 (640x480)


コロンとした四角、結構ある様でない形です。
アイウェア自体を細く作り、色味を工夫する事で掛けた時に自然な個性を出すことが出来ると思っています。

チョット暗い写真しか撮れなかったですけど付いてくるレザーケースだって可愛らしいんですよ。
IMG_1228 (640x480)


最近のレメディーは
クラッシックフレームを尊重しながらも違った世界にあるフレームだと感じています。

今回ご紹介したもの全て、
βチタンの無理のないホールド感と掛け心地の良さ、
長い間使っても型崩れしない形状記憶性がございます。

線で表現されたクラッシック、良かったら是非。

お問合せはこちらから:http://ikawamegane.main.jp

仕事帰り、車の中で最近良く聴いています。





ご覧頂き有難うございます。
井川メガネの佐尾山でございます。

10/23(日)はお休みとさせて頂きます。
宜しくお願いいたします。

怠け者な上、筆不精の私、佐尾山です。

今まで入荷があってもまた後にしよう…。
後でブログ書こうと先延ばしにして逃げていました。

しかし、そうも言ってられない時期が来てしまいました。
そうです…展示会後の各ブランド様からの入荷ラッシュです。

流石にもう逃げれないので書きます。
年内はブログの更新頻度が上がりそうです。

では早速

CLAYTON FRANKLINからご紹介です。

IMG_1190 (640x480)
CF-615 BKGH size50 \32.400(tax in)

IMG_1192 (640x480)

IMG_1189 (640x480)
CF-615 BKDH size50 \32.400(tax in)

IMG_1193 (640x480)

他ブランドの同系統のコンビフレームよりかなりスッキリとしたデザインとなっています。
とはいえチープにならないのがデザイナーの巧さだと感じています。

IMG_1196 (640x480)

生地の配色にもひと手間かけてあります。
無色透明な生地を挟むことによって(正確にはクロツーと呼ばれる生地ですが)ラミネートしたようなテカリと艶を与えています。

IMG_1200 (640x480)
CF-755 RDS size47 \31.320(tax in)
そろそろ僕たちの店でもオーパルと呼ばれるプレーンな形を始めてみようと思います。

IMG_1198 (640x480)
CF-578 AGP size48 \34.560(tax in)

クラッシックの定番の形です。
アンテーク調のそれを、現代のテクニック満載で再構築してあります。

どれもキレイではなく「美しい」フレームだと思っています。
良かったら是非。

お問合せはこちらから:http://ikawamegane.main.jp


ジラフポット好きです。

美しいと言うキーワードからは離れますが、ジラフポットと言えば一番はこの曲だと思ってます。